化粧品でシミを消したい

| 未分類 |

顔のシミは小さなものでもかなり気になります。
「えーっ、昨日までは無かったはずなのに・・・」
後悔してもできてしまったらもう遅いんですよね。

シミ用の化粧品だと「シミを防いで張りのあるお肌を~」みたいにシミ予防のものも多い気がします。
しかし出来てしっまった顔のシミに使う化粧品というものもあります。
レーザー治療に比べればあまり効果は期待できないかもしれませんが、化粧品はダメもとで気軽に試せるというのがいいですね。

通販だと「ブライトニングフォーミュラ」というシミ用のクリームがあります。
これはハイドロキノンという成分を使っていないシミ用クリームです。
ハイドロキノンはお肌への刺激が強い成分なので、お肌に合わない人がいたり最悪の場合には白斑と呼ばれるお肌の色が抜ける現象が起こる場合もあります。
繰り返しますが「ブライトニングフォーミュラ」にはそのハイドロキノンは入っていません。

ではどうやってシミに対抗するのかというと「お肌のターンオーバーのリズムに合わせてダメージを受けた細胞を洗い流してシミを角層まで持ち上げ排出を促す」というものです。
簡単に言うとお肌の細胞が新しくなるサイクルに合わせてシミを古い細胞と一緒に体の外に出すということでしょう。
シミが気になる部分に塗るとそこがピリピリしてきて赤くなって皮がむけます。
これを繰り返してシミを目立たなくするということです。

一番気になるのが本当にシミが消えるのかどうかですが、これに限らず化粧品の場合どれもそれほど劇的な変化を期待しない方がいいです。
一番確実なのはレーザー治療だと思います。
そのレーザー治療にどうしても抵抗がある人がダメもとで試してみるという感じですね。
まあ消えないまでも少しでも薄くなってくれれば成功といえるのではないでしょうか。
出来てしまったシミ用化粧品というのはネットで購入者の感想などを調べても賛否両論で「結局効くのか効かないのかどっちなんだよ」と思ってしまうので自分で試すのが一番手っ取り早いですね。

いちおう参考サイトも紹介しておきます。
シミに効く化粧品

オイリー肌対策の化粧下地

| 未分類 |

化粧下地にもいろいろなものがあると思いますが「オイリー肌用の化粧下地」とでもいうような化粧下地があります。
それはMIMURA SMOOTH SKIN COVERという商品です。
まだそれほど有名ではないかもしれないので知らない人も多いでしょう。
どんな下地なのかというと、

  • パウダー配合のさらさらな仕上がり
  • 顔のデコボコクレーターをカバー
  • SPF20が紫外線からお肌を守る
  • 目元、口元のシワをカバー
  • テカリを抑える

このような特徴があります。
オイリー肌だと毛穴が目立ちやすいので凸凹をカバーしてくれるのもうれしいですね。
とても小さな容器に入っているのですが一度に使う量はわずかなので1個買えば2ヶ月ぐらいはもちます。
使うときの注意としてはつけすぎないことです。
少量を薄く伸ばす使い方が推奨です。

そしてこのMIMURA SMOOTH SKIN COVERとほぼ同じ特徴を持つシルキーカバーオイルブロックというオイリー肌におすすめの化粧下地もあります。

さらにこの他にもオイリー肌女性におすすめの化粧下地はいくつかあるのですが全部は紹介しきれないので下記参考サイトを見てください。
参考サイト:オイリー肌化粧下地

オイリー肌の人に注意してもらいたいのが洗顔のし過ぎです。
油性肌だとつい一日に何度もゴシゴシと洗顔してしまいがちですが、洗顔のし過ぎや強い洗顔はお肌に良くないのでほどほどにしておきましょう。
あとはよく言われることだと思いますがヘルシーな食生活を心がけて睡眠をたっぷりととり規則正しい生活をすることがオイリー肌対策になります。
まあ言うのは簡単ですが規則正しい生活を維持するのってなかなか難しいですよね・・・
おいしいものも食べたいし・・・

レディースファッション通販サイトはいろいろありますがショップによって10代向け、20代向けなどターゲット層の年代は異なります。
ユニクロなんかでもGUはユニクロよりも若い年代をターゲットにしています。
では、30代女性向けの通販サイトにはどういうのがあるのでしょうか。
それは下記サイトに書かれています。
30代 レディース服 通販 安い

そのサイトでどのようなショップが紹介されているかを少し書いてみます。
30代の大人女性に人気のナチュラル系ファッション通販ショップがソウルベリーですね。
ママ服などにも良さそうなカジュアルなナチュラル系の服が安く買えます。
ただソウルベリーの場合にはそこにプラスしてガーリーな可愛い要素がさりげなく入っています。
あまり強調しない程度にさりげなくレースが使われていたりして大人でも違和感なく着られる可愛い服に仕上がっています。
そして服だけではなくバッグなども人気のアイテムがあります。
例えば今だと「合皮多収納ポケットバッグ」という商品がショップ内総合ランキングで3位にランクインしています。
可愛いだけじゃなくとても使い勝手がいいバッグで人気があります。
新作アイテムも毎日のようにアップされていて見てるだけでも楽しいですね。
ショップ内で紹介されているコーディネート例も本当におしゃれだと思います。
コーデにあまり自信が無い人でもそのまま真似してしまえばすぐにおしゃれになれます。
そしてそこから少しずつ自分流のアレンジをしていけばオリジナリティのあるおしゃれなファッションになるのではないでしょうか。
30代女性にはドンピシャなショップだと思うのでまだ知らない人には一度チェックしてみてもらいたいですね。
ショップの公式通販サイトは上で紹介しているサイトから行けます。
上で紹介しているサイトではソウルベリー以外にも30代女性向けのプチプラファッション通販サイトが色々と紹介されています。

宮本百合子

| 文学 |

ところが、今日、これらの題目は、この雑誌の上で、全く堂々とくりかえして、並んで進出している。しかも、その並びかたについて編輯者は、一つも所謂気の利いた工夫を加えていないらしい。粋とか、よい趣味とかいう人造香料をも加えていない。諸問題は、生のまま、いくらか火照った素肌の顔をそこに生真面目に並べている。
それが、却って、云うに云えない今日の新鮮さ、頼りふかい印象を与えているのは、どういうわけなのだろうか。
日本の民主化ということは、大したことであるという現実の例がこの一事にも十分あらわれていると思う。
こういう、云わば野暮な、問題のありのままの究明が、私たちの心に訴える力をもっているのは、決して只、その問題の書きかたがこれまでの「女の問題」の範囲から溢れた調子をもっているからというばかりではない。この種の問題が、ここで扱われているような場合に――食糧問題は、台所やりくりではなくて、男も女もひっくるめた全人民の生存のための問題であり、女子労働の悪条件と悲劇的な女子失業の現象は、とりも直さず全勤労人口の問題であるとして捉えられたとき――問題のそういう把握を可能としている日本社会の今日の動向そのものの中に、はっきり、問題の現実的解決の方向が示されているからである。

こういう文章のたちと、こういうテーマの扱い方の小説は、今日めいめいの青春を生きている読者たちにとって、『白樺』の頃武者小路氏の文学が周囲につたえた新しい脈動とはおのずから性質の違った親愛、わかりよさに通じるようなものとして受けいれられるのだろうと思う。
「愛と死」は、しかし、最後の一行まで読み終ると、この作品の世界の一種の美にかかわらず、私たちの心に何か深い疑問をよびさますものがある。そして、その疑問は、その単行本の後書きを読むと一層かき立てられる。「愛と死、之は誰もが一度は通らねばならない。人間が愛するものを持つことが出来ず、又愛するものが死んでも平気でいられるように出来ていたら、人生はうるおいのないものになるだろう。純粋にそれを味わい得ることは稀だ」その純粋に経験された場合として、愛らしい夏子と村岡と夏子の死が扱われているわけなのだが、今日の時々刻々に私たちの生に登場して来ている愛と死の課題の生々しさ、切実さ複雑さは、それが夏子を殺した自然と一つものでないというところにある。
今日の心情は、その今日の性格において愛と死の問題をわが生の意義の上に悩み、感じ、知りたいと思っているのだと思う。この小説が後半まで書き進められたとき、作者の心魂に今日のその顔が迫ることはなかったのだろうか。愛と死の現実には、歴史が響き轟いているのである。

今いる家は静かそうに思って移ったのですが、後に工場みたいなものがあって、騒々しいので、もう少し静かなところにしたいと思って先日も探しに行ったのですが、私はどちらかというと椅子の生活が好きな方で、恰度近いところに洋館の空いているのを見つけ私の注文にはかなった訳ですが、私と一緒にいる友達は反対に極めて日本室好みで、折角説き落して洋館説に同意して貰ったまではよかったのですが、見たその洋館というのが特別ひどいところだったので、すっかり愛想をつかされてしまいました。仕方がないから両様の好みを入れて一軒建てようということにして設計までいたしておりますが、これも今のところ私達の理想に止まってなかなか実現されそうにありません。こうした些細な慾望や、理想は兎も角として、この地上に誰れもが求め、限りもなくのぞむものは平和と愛ではないでしょうか。各々もとめるところの形は皆ちがいましょうけれど、私達の理想とするものは、愛と平和の融合を措いてこの世の楽園は考えられないと思います。然し常にこの世に争闘が絶えないと同時に、それは実現し難いものだと思います。例えば親子間の愛――この世にたった一つしかないいきさつですらも、どれだけ円満にいっていましょう。愛と平和――それは今の経済学、哲学とかの学問で説明したり、解剖したりする論理としての論理でなく、皆の分かり切った常識として、人間の生活に自由なものとなって来たら、愉快なことだと思います。