化粧品でシミを消したい

| 未分類 |

顔のシミは小さなものでもかなり気になります。
「えーっ、昨日までは無かったはずなのに・・・」
後悔してもできてしまったらもう遅いんですよね。

シミ用の化粧品だと「シミを防いで張りのあるお肌を~」みたいにシミ予防のものも多い気がします。
しかし出来てしっまった顔のシミに使う化粧品というものもあります。
レーザー治療に比べればあまり効果は期待できないかもしれませんが、化粧品はダメもとで気軽に試せるというのがいいですね。

通販だと「ブライトニングフォーミュラ」というシミ用のクリームがあります。
これはハイドロキノンという成分を使っていないシミ用クリームです。
ハイドロキノンはお肌への刺激が強い成分なので、お肌に合わない人がいたり最悪の場合には白斑と呼ばれるお肌の色が抜ける現象が起こる場合もあります。
繰り返しますが「ブライトニングフォーミュラ」にはそのハイドロキノンは入っていません。

ではどうやってシミに対抗するのかというと「お肌のターンオーバーのリズムに合わせてダメージを受けた細胞を洗い流してシミを角層まで持ち上げ排出を促す」というものです。
簡単に言うとお肌の細胞が新しくなるサイクルに合わせてシミを古い細胞と一緒に体の外に出すということでしょう。
シミが気になる部分に塗るとそこがピリピリしてきて赤くなって皮がむけます。
これを繰り返してシミを目立たなくするということです。

一番気になるのが本当にシミが消えるのかどうかですが、これに限らず化粧品の場合どれもそれほど劇的な変化を期待しない方がいいです。
一番確実なのはレーザー治療だと思います。
そのレーザー治療にどうしても抵抗がある人がダメもとで試してみるという感じですね。
まあ消えないまでも少しでも薄くなってくれれば成功といえるのではないでしょうか。
出来てしまったシミ用化粧品というのはネットで購入者の感想などを調べても賛否両論で「結局効くのか効かないのかどっちなんだよ」と思ってしまうので自分で試すのが一番手っ取り早いですね。

いちおう参考サイトも紹介しておきます。
シミに効く化粧品